AUTO SPOT ではN360,Z360,ライフ360,ステップバンなどHONDAの360ccを取り扱っています。
     Since 1979.
AUTO SPOT
HONDA T360 HONDA N360 HONDA ライフ360 HONDA Z360 バモスホンダ360 HONDA ステップバン360
サイト案内 ニューパーツ 中古車 修理 チューニング 中古部品 レース ご注文 ご質問

    サイト案内
 営業案内
 サイトマップ
 アクセスマップ
 最新情報
 360 メンテナンス
 Festa 360

   HONDA 360 諸元表
 ホンダ T360
 ホンダ N360 U
 ホンダ N360 V
 ホンダ Z360(空冷)
 ホンダ TN360
 バモスホンダ360
 ホンダ ライフ360
 ホンダ Z360(水冷)
 ステップバン360

    私と HONDA 360
 N360製造ライン
 初めて買った車 N360
 空冷 Z360 投入
 HONDA 勤務最終章

  N360  21万キロ走行記録
 N360と共に 特別寄稿
 走行記録

   ステップバン360
   30万キロ走破の記録

 ステップバン整備記録
 ステップバンの燃費

  HONDA Z 放浪記 他
 Z360 日本一周の旅
 東北州便り
 東北州便りと鮎釣り
 飯能市 ガイド

   N360ツーリング写真集
ツーリング写真集
   画像をクリックして下さい

   HONDA 360 イラスト集
イラスト集
   画像をクリックして下さい

【 360 旧車の保管 取り扱い方法 】



ホームページ開設以来これまで一番多い質問が、これから 旧車に乗る為にはどんな事について注意が必要かと、 現在お乗りになっている方からの同様の質問でした。 これまで長年携わってきたホンダ360の取り扱い、乗り方、 メンテナンス、保管方法等について書いてみます。 私なりに気がついた事を書いていきますので、 あくまでも参考程度にしてください。また、他の方法や、 間違えているようなところがありましたら、メールでお知らせ下さい。
掲載させていただく場合、本名以外、ペンネームでも結構です。 現在お乗りの車種やお乗りになっていた車種、お住まいの 地域などもお知らせいただければ幸いです。

    E-Mail   info@auto-spot.net



■キーホルダーは重い物をつけない。
キーホルダーに必要以上の物をたくさん付けると、走行中に キーシリンダーに負担がかかり、キーシリンダーが壊れる 事があります。イグニッションスイッチがONの時に キーが抜け落ちたり、スイッチが機能しなくなったりします。 メインスイッチを交換するとドアー、トランクのキーと 合わなくなり、キーが2種類必要になるので最低限必要な 物だけにしたほうが良いと思います。

■洗車後は走行する。
屋根つきの車庫で保管されている方は、特に、 洗車してからすぐに保管してしまうと、エンジンルーム、 ドアーパネル内側、リヤーフェンダーなどに溜まった水が 腐食の原因になるので、洗車後に走行して乾燥した状態で 保管したほうが良いと思います。

■からぶきが良いかも。
あまり汚れがひどくない時は、水を使わずに 濡らしたタオル等で汚れをふき取る程度に したほうが良いかも知れません。

■雨天後走行時はドラムを乾かす。
雨の日の走行はブレーキドラムの中に水が入り込むため 走行後直ぐに保管してしまうと、ブレーキドラムと ブレーキシューが張り付く事があります。
また、ブレーキシューとベースが剥がれてしまう恐れが ありますので、翌日に走行するなどして、ブレーキドラムを 出来るだけ乾燥した状態に保つようにしてください。
ディスクブレーキ装着車では特に、ディスクッパッドとローターの 隙間に水分が溜まり、パッドが剥がれる原因になり、ローターが 腐食して、修正、交換が必要になります。

■タイヤの位置を変える。
車検切れなどで長い間走行しない時は、タイヤの接地面がひずんで いるので、ひび割れや変形の原因になります。車を前後に移動して タイヤの接地面の位置を変えるようにしてください。

■空気圧を点検、補充。
空気圧を多めにして変形を出来るだけ避けるようにします。 走行しないとチューブレスでは特にエアーもれが多いようです。
空気圧点検後は必ずエアーバルブ(ムシ)からのエアー漏れが ないか点検して下さい。

■ガソリンは満タン。
ガソリンタンク内は防錆処理されていないので、錆が発生します。 長期間保管する時は満タンにしておくほうが良いと思います。
特に多いのが、フェールメーターユニットが固着してしまい、 ガソリンメーターが動かなくなるトラブルです。
ガソリンパイプが詰まってしまう車も多いようです。

■時々エンジンをかける。
時々はエンジンを始動して、エンジンオイルを 回すようにしてください。エンジンオイルが自然に 下がった状態にしておくと、ヘッド回りのロッカーアームや バルブ回りなどに錆が発生します。
シリンダー内のオイルも自然に下がってしまい、ピストンリングに 錆が発生します。
また、シリンダーライナーとピストンリングが固着する事もあります。 シリンダーライナーに腐食が発生するとホーニングする必要があります。
長い間エンジンをかけていなかった車では特に、アイドリングを充分行なわないと エンジントラブルになります。
N360系の空冷エンジンでは、オイルポンプフィルタースクリーンや、オイルエレメントが目詰まり して、オイルが回らなくなり、エンジンが焼きつきますので特に注意が必要です。

■エンジンオイルは劣化するので乗らなくても交換必要。
エンジンオイルは走行しなくても経年劣化するので、エンジンを充分暖気した後で 交換してください。
ドレンボルトはエンジンが温まっている時は硬いことがあるので、無理にゆるめようと するとボルトをナメてしまうので、冷えている時にゆるめておく方法もあります。

■ブレーキオイルは乗らないと漏れやすい。
ドラムブレーキでは特に、走行しないと、ブレーキオイルが 漏れやすくなります。
マスターシリンダーからの油圧で、ホイルシリンダーの ピストンを押し開くことによって、ブレーキがきくようになって いますが、ブレーキカップというのはゴムのリングのようなもので ゴムだけの張力では、ホイルシリンダーとの隙間を無くすことが 困難で、ブレーキマスターからの残圧を利用して密着させています。 その為、圧力がかからない状態が長くつづくとホイルシリンダーから ブレーキオイルが漏れ出し、ブレーキが利かなくなり、 ブレーキシューにもオイルが付着してしまい交換する必要があります。

【 N360 】
■ダイナモブラシ
N360、空冷Z、TN360、バモスホンダ360等の 空冷エンジンでは、セルモーターとダイナモが 一体に取り付けられ、各々2本ずつのカーボン製の ブラシが用いられている。 新車時では、30,000〜40,000km走行すると、磨り減り チャージランプが点灯した。

現在では、ローターのアマチュア部などの磨耗が進んで いる為、25,000〜30,000km走行ごとに点検、交換したほうが 良いと思います。

チャージランプが点灯したまま走行し続けると、ローターや ステーターに巻かれた配線がショートして、Assyでの交換が 必要になります。また、チャージランプが点灯しなくても、 セルモーターが回らなくなったり、回りが悪くなった時にも 点検してみてください。

【 水冷エンジン 】
■ラジエター液交換
ライフ系の水冷エンジンでは、ラジエター液も不凍液、錆止め剤など 有効成分が含まれたものを使用して下さい。
ウォーターポンプのブレード部分や、シリンダーヘッドの、砂抜き栓 などに錆が発生します。砂抜き栓の錆が進行すると、エンジンオイルが ラジエター液と混合して、ラジエター液がコーヒー牛乳のようになります。
いつも使用している車でも、突然、同じ様な症状が出ることが在ります。 そのまま走行し続けると、オーバーヒートします。また、オイルが潤滑油の 働きをなくし、メタルなどにダメージを与えますので特に注意が必要です。



 サイト案内

 ・営業案内
 ・サイトマップ
 ・アクセスマップ
 ・更新情報
 ・360メンテナンス
 ・Festa 360


 HONDA 360 緒元表

 ・ホンダ T360
 ・ホンダ N360 U
 ・ホンダ N360 V
 ・ホンダ Z360(空冷)
 ・ホンダ TN360
 ・バモスホンダ 360
 ・ホンダ ライフ360
 ・ホンダ Z360(水冷)
 ・ステップバン 360



 私と HONDA 360

 ・N360製造ライン
 ・初めて買った車 N360
 ・空冷Z360投入
 ・HONDA勤務最終章


 N360
 21万キロ走行記録


 ・N360と共に特別寄稿
 ・走行記録


 ステップバン360
 30万キロ走行記録


 ・ステップバン整備記録
 ・ステップバンの燃費


 HONDA Z360
 放浪記 他


 ・Z360 日本一周の旅
 ・東北州便り
 ・東北州便りと鮎つり
 ・埼玉県 飯能市 ガイド


 N360
 ツーリング写真集


 ・ツーリング写真集


 HONDA 360
 イラスト集


 ・HONDA 360 イラスト集


 ニューパーツ

 ・ニューパーツ掲載案内
 ・純正部品
 ・社外部品
 ・ブレーキ部品
 ・ブレーキシュー
 ・油脂類 専用工具
 ・レアーパーツ
 ・バモス TN360 パーツ


 N360
 オリジナルパーツ


 ・450cc キット
 ・ヘッドガスケット
 ・カムチェーン
 ・ガイドローラー
 ・チェーンテンショナー
 ・プライマリーギヤー
 ・エンジンパッキン
 ・エレメント移動キット
 ・オイルクーラーキット
 ・ステアリングブッシュ
 ・フィラリッドノブ
 ・ステンレスマフラー
 ・ドアーシールラバー
 ・ドアーガーニッシュ
 ・ドアーランチャンネル
 ・レース用スプリング
 ・ウインドウウェザーストリップ


 水冷360
 オリジナルパーツ


 ・400ccキット
 ・ステンレスマフラー
 ・エンジンパッキン
 ・キャブレターパッキン
 ・エンジンオイルシール
 ・ファンスイッチ
 ・レース用スプリング
 ・ウインドウウェザーストリップ


 ステップバンパーツ

 ・ドアーゴム
 ・ドアーランチャンネル
 ・ドアーガーニッシュ
 ・ウインドウウェザーストリップ


 チューニングパーツ

 ・N360 450ccキット
 ・水冷 400ccキット
 ・セミトラキット
 ・フルトラキット 1
 ・フルトラキット 2
 ・CRキャブレター
 ・FCRキャブレター
 ・イグニッションコイル
 ・タコメーター 1
 ・タコメーター 2
 ・ウォッシャーキット
 ・ヘッドライト関連


 ご注文・ご質問
     ↓

 ・ご注文方法
 ・ご質問 お問い合わせ
 ・連絡先 営業時間
 ・お振込先
 ・ヤマト運輸料金表
 ・FAX送信表


 お支払い・発送方法
     ↓

 ・お支払い 発送方法
 ・1 代引き(コレクト)
 ・2 お振込み(発払い)
 ・3 お振込み (着払い)
 ・4 メール便
 ・5 ヤマト500
 ・6 レターパック
 ・7 現金書留(発払い)
 ・8 現金書留(着払い)
 ・9 規格外


 中古車一覧

 ・中古車一覧
 ・中古車詳細-1
 ・中古車詳細-2
 ・中古車詳細-3
 ・中古車詳細-4
 ・中古車詳細-5
 ・販売済み、整備内容


 修理・チューニング

 ・メニュー
 ・プラグについて
 ・ポイントについて
 ・フルトラ加工取り付け
 ・キャブレター
 ・バルブシート入れ替え
 ・タイミングベルト交換
 ・バランサースプロケット
 ・N360を2キャブに
 ・水冷360を2キャブに
 ・ガソリンタンク修理
 ・435ccシリンダー加工
 ・500ccシリンダー加工
 ・ヘリサート修正
 ・タイプ ワン エンジン
 ・プライマリーギヤー
 ・スピードグラフ
 ・エンジンの計算式
 ・Z360 板金塗装


 中古部品

 ・中古部品 掲載案内
 ・N360 空冷Z360
 ・ライフ360 水冷Z360他
 ・空冷エンジン 部品
 ・水冷エンジン 部品
 ・レース用 中古部品
 ・アルミホイール他
 ・詳細-1
 ・詳細-2


 K&K耐久レース

 ・ライフK&K仕様
 ・N500K&Kレース仕様
 ・K&K参戦記 VOL-1
 ・K&K参戦記 VOL-2
 ・K&K参戦記 VOL-3
 ・K&K参戦記 VOL-4
 ・K&K参戦記 VOL-5
 ・K&K参戦記 VOL-6
 ・K&Kレギュレーション
 ・K&Kレース開催案内



Copyright© auto-spot.net All Rights Reserved. Since 1979.