AUTO SPOT ではN360,Z360,ライフ360,ステップバンなどHONDAの360ccを取り扱っています。
     Since 1979.
AUTO SPOT
HONDA T360 HONDA N360 HONDA ライフ360 HONDA Z360 バモスホンダ360 HONDA ステップバン360
サイト案内 ニューパーツ 中古車 修理 チューニング 中古部品 レース ご注文 ご質問

   修理 チューニング
 メニュー
 クラッチディスク張替え
 プラグ
 ポイント
 フルトラ加工取り付け
 キャブレター
 バルブシート入れ替え
 タイミングベルト交換
 バランサースプロケット
 N360を2キャブに
 水冷360を2キャブに
 ガソリンタンク修理
 435シリンダー加工
 500シリンダー加工
 ヘリサート修正
 タイプ ワン エンジン
 プライマリーギヤー
 スピードグラフ
 エンジンの計算式
 Z360 板金塗装

タイプワン カムシャフト
ツインプラグヘッド
オイルクーラー

【 ポイント 】


ポイントという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、HONDAの正式名称「コンタクトブレーカー」と呼びます。最近ではフルトラ化が進んで殆ど見掛けなくなりました。
プラグ編で触れたように正規に調整されていなかったり、磨耗、劣化していると、エンジントラブルの元になります。


  * 機能

ピストンが一番上になった時(圧縮上死点)に燃焼圧力が最大になれば良いのだが、 燃焼速度の問題もあり、一般的にはピストンが上死点に達する少し前に点火するように設定されている。
クランク角度に置き換え、ピストンが一番上の状態を『0度』とし『圧縮上死点』と言う。
その前を上死点前『X度』と表す。(4サイクルエンジンでは排気上死点もある)
適切な時期にプラグに火花を飛ばす時期をコントロールしているのが『ポイント』である。

N360では新車時の設定は上死点前 5度、1300回転時(BTDC 5°1300/rpm) となっていたが、その後アイドルHC規制により僅かに遅らせている。
プーリーの上死点のマークと最初の点火時期のマークの間に、タガネでマーキングされているのがその後の点火時期である。

N360 (A) 上死点

(B) 正規の点火時期
   (遅角調整後)

(C) 初期の点火時期
(D) 合いマーク
EA系 (T) 上死点

(F) 点火時期


 【TN360 バモスホンダ】

  点火時期
オイルエレメントの上方の21mmのボルトを外すと 写真のようにマークがあります。

  黄 会いマーク

  青 上死点

  赤 点火時期



  * 交換 調整      純正部品 NP-0001 ここをクリック

交換時にはギャップを正確に取らなければならない。カムの最頂部に乗っている事を確認し0,3-0,4mmに調整する。
シックネスゲージが無ければ、ハガキ二枚分が良いとされるが実際に計測してもほぼ同じである為誤差の範囲である。

次に交換する時の注意だが配線は元付いていた状態をよく確認しておく(最近ではリード線を変えたりして最初の状態とは違う取り付けも良く目にする)。

加工時に工作油等が付いている事があるので接点は取り付け前に良く清掃しておく。カム部を良く清掃して薄くグリースを塗布する。

取り付けビスが長すぎると奥のプレートまで達しバキューム進角が働かなくなるので特に注意が必要である。

一度使用した物のギャップはゲージで測ると図2の様にa のギャップを測定してしまい実際のギャップ b は広く取り過ぎるため慎重に作業をする。

図 1 a 正規ギャップ

図 2 a 見かけのギャップ

     b 実際のギャップ


  * 点火時期調整

 IGコイルからの配線とポイントに行く配線の
 間に電球を入れる。
右図のように12Vの電球を使って簡単に調整する方法もある。メインスイッチを入れプーリーを回転方向に回すとランプが消えるところがあるのでそこが点火時期である。

カムチエーンが伸びていたり、テンショナーの磨耗ヘッド面研によるチエーンのたわみなどがあると正確に測定出来ないので、 最修的にはタイミングライトを使用して、進角状況も確認した方が良い。 交換、調整すると見違えるほど調子が良くなることもある。

接点の磨耗、変形を良く点検し、ヒール部の磨耗による点火時期の遅れも起きる為8,000-12,000km走行毎には定期的に交換することをお勧めする。


 【タイミングライト】

 オーダーNO TP-0004


  \15.120- (14.000)

本体に単1乾電池2本内蔵されていますので、センサー部分で プラグコードを挟むだけで簡単に点火時期を調べる事が出来ます。

電子配電式点火装置車も可


  * コンデンサー  純正部品 NP-0002 ここをクリック

ポイントの開閉時に出る無駄な火花を少なくする為の部品で
外見からは良し悪しを判断する事が難しいので、ポイント
交換時に2回に1回位は交換したほうが良いかも知れない。


 サイト案内

 ・営業案内
 ・サイトマップ
 ・アクセスマップ
 ・更新情報
 ・360メンテナンス
 ・Festa 360


 HONDA 360 緒元表

 ・ホンダ T360
 ・ホンダ N360 U
 ・ホンダ N360 V
 ・ホンダ Z360(空冷)
 ・ホンダ TN360
 ・バモスホンダ 360
 ・ホンダ ライフ360
 ・ホンダ Z360(水冷)
 ・ステップバン 360



 私と HONDA 360

 ・N360製造ライン
 ・初めて買った車 N360
 ・空冷Z360投入
 ・HONDA勤務最終章


 N360
 21万キロ走行記録


 ・N360と共に特別寄稿
 ・走行記録


 ステップバン360
 30万キロ走行記録


 ・ステップバン整備記録
 ・ステップバンの燃費


 HONDA Z360
 放浪記 他


 ・Z360 日本一周の旅
 ・東北州便り
 ・東北州便りと鮎つり
 ・埼玉県 飯能市 ガイド


 N360
 ツーリング写真集


 ・ツーリング写真集


 HONDA 360
 イラスト集


 ・HONDA 360 イラスト集


 ニューパーツ

 ・ニューパーツ掲載案内
 ・純正部品
 ・社外部品
 ・ブレーキ部品
 ・ブレーキシュー
 ・油脂類 専用工具
 ・レアーパーツ
 ・バモス TN360 パーツ


 N360
 オリジナルパーツ


 ・450cc キット
 ・ヘッドガスケット
 ・カムチェーン
 ・ガイドローラー
 ・チェーンテンショナー
 ・プライマリーギヤー
 ・エンジンパッキン
 ・エレメント移動キット
 ・オイルクーラーキット
 ・ステアリングブッシュ
 ・フィラリッドノブ
 ・ステンレスマフラー
 ・ドアーシールラバー
 ・ドアーガーニッシュ
 ・ドアーランチャンネル
 ・レース用スプリング
 ・ウインドウウェザーストリップ


 水冷360
 オリジナルパーツ


 ・400ccキット
 ・ステンレスマフラー
 ・エンジンパッキン
 ・キャブレターパッキン
 ・エンジンオイルシール
 ・ファンスイッチ
 ・レース用スプリング
 ・ウインドウウェザーストリップ


 ステップバンパーツ

 ・ドアーゴム
 ・ドアーランチャンネル
 ・ドアーガーニッシュ
 ・ウインドウウェザーストリップ


 チューニングパーツ

 ・N360 450ccキット
 ・水冷 400ccキット
 ・セミトラキット
 ・フルトラキット 1
 ・フルトラキット 2
 ・CRキャブレター
 ・FCRキャブレター
 ・イグニッションコイル
 ・タコメーター 1
 ・タコメーター 2
 ・ウォッシャーキット
 ・ヘッドライト関連


 ご注文・ご質問
     ↓

 ・ご注文方法
 ・ご質問 お問い合わせ
 ・連絡先 営業時間
 ・お振込み先
 ・ヤマト運輸料金表
 ・FAX送信表


 お支払い・発送方法
     ↓

 ・お支払い 発送方法
 ・1 代引き(コレクト)
 ・2 お振込み(発払い)
 ・3 お振込み(着払い)
 ・4 メール便
 ・5 ヤマト500
 ・6 レターパック
 ・7 現金書留(発払い)
 ・8 現金書留(着払い)
 ・9 規格外


 中古車一覧

 ・中古車一覧
 ・中古車詳細-1
 ・中古車詳細-2
 ・中古車詳細-3
 ・中古車詳細-4
 ・中古車詳細-5
 ・販売済み、整備内容


 修理・チューニング

 ・メニュー
 ・プラグについて
 ・ポイントについて
 ・フルトラ加工取り付け
 ・キャブレター
 ・バルブシート入れ替え
 ・タイミングベルト交換
 ・バランサースプロケット
 ・N360を2キャブに
 ・水冷360を2キャブに
 ・ガソリンタンク修理
 ・435ccシリンダー加工
 ・500ccシリンダー加工
 ・ヘリサート修正
 ・タイプ ワン エンジン
 ・プライマリーギヤー
 ・スピードグラフ
 ・エンジンの計算式
 ・Z360 板金塗装


 中古部品

 ・中古部品 掲載案内
 ・N360 空冷Z360
 ・ライフ360 水冷Z360他
 ・空冷エンジン 部品
 ・水冷エンジン 部品
 ・レース用 中古部品
 ・アルミホイール他
 ・詳細-1
 ・詳細-2


 K&K耐久レース

 ・ライフK&K仕様
 ・N500K&Kレース仕様
 ・K&K参戦記 VOL-1
 ・K&K参戦記 VOL-2
 ・K&K参戦記 VOL-3
 ・K&K参戦記 VOL-4
 ・K&K参戦記 VOL-5
 ・K&K参戦記 VOL-6
 ・K&Kレギュレーション
 ・K&Kレース開催案内



Copyright© auto-spot.net All Rights Reserved. Since 1979.